物流センター構築のご相談からサードパーティ・ロジスティクスまで、
物流のことなら丸和運輸機関にお任せ下さい。

MARUWA GROUP

常温物流

常温物流

モノを効率的に運ぶ。
それをとことん突き詰めたのが丸和運輸機関の物流。

当社では、経営理念である“お客様第一義”の考えのもと、様々な顧客ニーズへの対応と、効率的な物流システムの構築に全社一丸となって取り組んでおります。その中でもとりわけ物流コストの削減、リードタイムの短縮は永遠のテーマであり、あくなき向上心を持って高い目標に挑戦しております。それらを達成するための中核であるロジスティクスセンター機能を4つの型に分類し、お客様に最適な物流機能をご提供しています。

センター機能紹介

1. TC I 型(トランスファーセンター:出荷先別納品型)

予め店舗別に商品をセットされた状態で各卸業者からセンターへ納品されます。センターでは入庫した商品の内容検品、配送方面別仕分けを行い出庫します。配送は決められたダイヤグラムにて各店舗へ届けられます。

サプライチェーン・ロジスティクス・出荷先別納品型フロー

2. TC Ⅱ 型(トランスファーセンター:総量納品型)

店舗からの発注商品を発注総数で各卸業者からセンターへ納品されます。センターでは、入庫した商品の内容検品、店舗別仕分け、配送方面別仕分けを行い出庫されます。配送は決められたダイヤグラムにて各店舗へ届けられます。

サプライチェーン・ロジスティクス・総量納品型フロー

3.DC(ディストリビューションセンター:流通型センター)

各卸業者の全物流機能をロジスティクスセンターに委託し各卸業社は商品の受発注管理のみを行います。但し、連続自動発注にすれば管理要員のみで運営が可能です。
センターで入庫、内容検品、商品棚入れ、在庫保管、ピッキング、物流加工、配送方面別仕分けを行い出庫されます。配送は決められたダイヤグラムにて各店舗へ届けられます。

サプライチェーン・ロジスティクス・ディストリビューションセンター:流通型センター

4.TC,DC複合型センター(通過型物流センター + 流通型センター)

TC I型または、II型(トランスファーセンター=通過型センター)とDC型(ディストリビューションセンター=流通型センター)の両機能を保有するセンター機能です。

サプライチェーン・ロジスティクス・通過型物流センター + 流通型センターフロー

導入検討事例

  • 車輛の回転率が低く、配送請負業者の一元管理体制ができていない。
  • 季節の物量変動が大きく物流コストのコントロールができない。
  • 人材の確保が難しく人材育成や管理に多大な労力が掛かる。
  • 倉庫があちこちに点在しており効率が悪くなっている。
  • 物流センターを構築したいが自社で管理するのが不安である。
  • 発注単位をなるべく小さくしたいが仕入れ値への影響が怖くてできない。
  • 自家物流では物流コストの削減が限界点にきている。

メリット

  1. 異業種との物流センター・車輌の共同化の推進により物流コストの削減が見込めます
  2. 物量に応じた業務委託料に設定をすることで、物流費を変動費化させることができます
  3. 出荷動向の分析等の物流KPI管理を強化することで、在庫を削減することができます
  4. 物流センターの構築に際し、お客様は物流投資をせず月々の物流費として支払いが可能です

高付加価値オプション

店舗・店内物流

当社は、オプションにて物流センターの運営以外に店舗における荷受や品出し業務等、店舗にて発生する物流業務も合わせてお引き受けいたします。特に開店前の品出し業務は、日中の品出しに比べ集中して行える分効率が良い上、開店時に品揃えが充実できるため効果的です。

来店宅配

店舗にて消費者自身が購入した商品を購入者に代わって当日中(受付時間によっては翌日)にお届けをするサービスのことを来店宅配事業と分類しております。宅配便による配送の場合は煩わしい梱包作業を行わなければならず手間が掛かる上、梱包後の商品を仮置きするスペースも必要です。当社の来店宅配は折り畳みコンテナ等での出荷が可能であり、梱包の手間をお掛けしません。また、当日配送を基本としているため仮置きのスペースも不要です。

お問い合わせフォーム
株式会社 丸和運輸機関 〒342-0008 埼玉県吉川市旭7番地1 TEL: 048-991-1000(大代表) FAX.: 048-991-1001


TOP