物流センター構築のご相談からサードパーティ・ロジスティクスまで、
物流のことなら丸和運輸機関にお任せ下さい。

MARUWA GROUP

業種別サービス:ホームセンター・専門店 編

業種別サービス:ホームセンター・専門店 編

サービスの概要

曜日による物量波動を吸収しローコストオペレーションを実現いたします。

ホームセンターや専門店の物流におけるお悩みは何と言っても特定の曜日に納品が集中してしまうことではないでしょうか?どこのお店も欠き入れ時である週末を万全の品揃えで臨むため、休日前に多くの納品を受け入れ、休日に売れた分の商品の補充を休日明けに行うことにより特定の曜日に納品が集中してしまう現象が発生いたします。
このように納品量に大きな波がある場合、物量の多い日に照準を合わせた作業人員を確保しなければならず、物流コストが下がらない要因となっているようであります。
また、その影響が品出しにも及び店舗オペレーションコストの増加要因にもなっております。当社は、このような悩みを抱える数々の企業に対し、「物流費の変動費化」を提案してまいりました。自社で物流を抱えると固定費化してしまう物流費でありますが、当社にお任せいただければ、お客様の売上の増減に合わせ物流経費をコントロールすることが可能であります。

サービスの特徴

複数顧客の共同物流センターにより物量波動の減少を可能とします。

当社は、お客様の物流センター内で物流業務を受託している場合等の一部を除き、1つの物流センターで複数の物流業務を行っております。それら複数の業務はそれぞれ年間の繁忙期、月間の繁忙期、週間の繁忙期等のタイミングが異なるため、物量の波動を減少させることができます。それゆえに作業員の手待ちロスが減少し、物流の作業費を削減することが可能となります。

複数顧客の共同配送により配送コストを低減します。

当社は、大型商業施設に入居している雑貨店等の専門店や大型商業施設の周辺に立地するホームセンター等、1つの商業圏に複数の配送先が密集しております。
そのため複数のお客様の荷物を1台のトラックで共同配送することによって配送費の削減が可能となります。また、共同配送を積極的に推進することでトラックの使用台数を減少させることができ、CO2排出量の削減にも寄与しております。

納品ロットの最小化により余剰在庫を削減します。

通常、店舗が仕入れ先に発注をする場合、納品に掛かる運賃や出荷作業に掛かる手間の関係から商品毎に発注単位、または最低発注ロット等の制限が設けられていることが多く、実際に店舗で必要な数量よりも多めに発注せざるを得ないことがあります。
当社では、物流センター内で店舗別の仕分けを行うため、仕入れ先からの納品を店別ではなく全店分を総量で受けることが可能となります。1店舗の発注量は少なくても総量として複数店分集まれば最低発注ロットを満たすことができるため、実際に店舗が必要とする数の発注が可能となります。

物流コストを売上に応じて変動費化させることが可能です。

当社が3PLとして受託している業務の契約形態は、センター通過下代(仕入れ値)に対する掛け率で請求額を計算する方法、出荷商品の点数や個数によって請求額を算出する方法、商品の容積や重量等によって請求額を算出する方法等、様々な算出方法がありますが、いずれもお客様の売上や出荷量によって物流費が変動する方式を採用しているケースが大半であります。自社物流の場合、どうしても固定費化してしまう物流費が変動費化できるため、お客様から好評を得ております。

充実したオプションサービスで店舗の利便性を実現します。

当社は、物流センター運営に加え店内物流にも積極的に取り組んでおります。
物流センターを介さず仕入れ先から直接納品されてくるものに対する荷受及び検品、フロア搬送、品出し等の業務を行っております。特に開店前に集中的に行う品出しに関しては、営業時間中に行うよりも効率が良いうえ、品揃えの充実、営業時間中の販売に集中できる等、大変好評を得ているサービスであります。

お問い合わせフォーム
株式会社 丸和運輸機関 〒342-0008 埼玉県吉川市旭7番地1 TEL: 048-991-1000(大代表) FAX.: 048-991-1001


TOP