物流センター構築のご相談からサードパーティ・ロジスティクスまで、
物流のことなら丸和運輸機関にお任せ下さい。

MARUWA GROUP

業種別サービス:スーパーマーケット・GMS 編

業種別サービス:スーパーマーケット・GMS 編

サービスの概要

地域№1の品揃えとお客様(消費者)に喜んでいただける売り場づくりを実現いたします。

当社の食品物流のコンセプトは“お客様目線”の物流サービスを行うことであります。
“お客様目線”とは私たちが直接お仕事をいただくスーパーマーケットはもとより、その先にいるお客様、すなわち一般消費者のことを指しております。 私たちは“単に物流を効率化”してコストを下げることだけを主眼に置くのではなく、物流を通じていかに一般消費者に“感動と満足”を提供し、またご来店いただける仕組みを構築できるかということを常に考え、物流革新に取り組んでおります。

“新鮮”な食材をタイムリーに供給し、“無駄のない物流”を実現することで、お客様(消費者)へ“安全と安心(低価格・高品質)”をお届し、お客様(消費者)に心からから愛される店舗を創ることがスーパーマーケットの成長につながり、ひいては私たちの成長につながるものと確信しております。
そして私たちが目指すべきポジションは、“地域で一番愛される店舗”であり、それを実現することで“地域一番店”をお客様と共に実現することを目的としております

サービスの特徴

物流改革への投資は一切不要です。

物流センターの設置、物流システム、物流機器等の購入には、通常数億円から数十億円の投資が必要となります。これらの投資が経営に与えるインパクトは予想以上に大きく、物流改革を断念された会社も多いのではないでしょうか。当社ではこれらの投資をすべて引き受けることで、お客様に資金負担を掛けずに物流改革を実現いたします。
従いましてお客様は物流投資を一切考えずに、店舗への投資に専念することができます。

店舗オペレーションコストを削減します。

物流に関わるコストは商品の運送や仕分け等に掛かる直接的なコストと店舗に商品が到着した後に検収をしたり、商品を陳列(品出し)したりするのに掛かるコストがあります。通常、目に見えて掛かる物流コストにばかり目が行きがちですが、実際は店舗で掛かる物流コストも大きなウエイトを占めております。これらをバランスよく削減することで全体最適化を図ってまいります。

余分な店舗在庫を削減します。

通常、ベンダーやメーカーに商品を発注する場合、最低発注数(発注単位)の縛りが設けられているケースが多く、店舗需要と実際の納入数量のミスマッチが発生し、店舗の在庫が増加してしまうことが多いのではないでしょうか。その結果、見切り販売による格下げロスや廃棄ロス等が発生してしまい粗利率を押し下げる結果となります。当社では、物流センターでの小分け機能により、店舗需要に合わせた商品供給を実現し、舗在庫削減に寄与します。

物流利益の創出により経営支援を行います。

食品スーパーマーケットの物流形態は、自家物流・卸主導型物流・3PLの3つに分類されます。そのうち自家物流と卸主導型物流に関しては物流費がコストとして勘定されます。当社の3PLは物流をプロフィット化させることができます。物流センターを設け、ベンダー(メーカー)調達から店舗納品に至るまでの物流トータルコストを削減することにより、スーパーマーケット、ベンダー(メーカー)、当社が“三方よし”を実現し、コスト削減により捻出された原資をプロフィットとしてお返しします。

充実したオプションサービスで企業価値向上を実現します。

食品をコアとする3PL事業者はもちろん当社だけではありません。しかし当社の特徴は消費者に一番近い小売物流に特化をしている点にあります。当社はスーパーマーケットの物流を“お客様目線”で考え抜き、利便性を追求してきた結果、プロセスセンター(通称 PC)の運営受託やネットスーパーへの取り組み、そして地産地消に向けた調達支援等、物流の垣根を越えスーパーマーケットに関わるあらゆる取り組みをサポートできる仕組みを構築してまいりました。他社には真似のできない当社ならではのサービスで貴社の企業価値向上を全面的に支援いたします。

お問い合わせフォーム
株式会社 丸和運輸機関 〒342-0008 埼玉県吉川市旭7番地1 TEL: 048-991-1000(大代表) FAX.: 048-991-1001


TOP