人財育成

人財育成について

当社は、「人の成長なくして企業の成長なし」との考え方から、社員を『人材』ではなく『人財』として会社の財産であると捉えております。創業当初から人財育成に積極的に取り組んで参りました。
3PL業界のトップ企業を目指すためには、お客様の経営に貢献し続ける価値ある3PLサービスを提供するための優秀な人財が必要不可であります。トップレベルまで社員の質を高めていく人財育成の環境整備及び教育制度の充実を推進し、経営幹部から新入社員まで、全ての社員を対象層として教育に力を入れております。今後とも、3PL業界カテゴリーリーダーになるべく、更なる人財開発・育成に積極的に取り組んで参ります。

企業文化の修得・実践

当社には創業以来、経営理念を軸にしている、「桃太郎文化」が存在します。 桃太郎文化では、「社会性のある人間」を育てることが重要と考えています。また、同じ会社(組織)で働く社員として、価値観や行動規範を共有し、同じ目的・目標を持つという一体感や心意気を大切にしています。

桃太郎文化修得合宿研修会

丸和マンとしての基本姿勢・基本知識・基本動作など、企業文化である「桃太郎文化」の理解と修得に取り組みます。
企業理念や会社の価値観、行動規範、経営ビジョン、経営目標などを学び共有すると共に、桃太郎文化の根底にある「報恩感謝」の心を育みます。

桃太郎文化「幸福企業づくり」道場

100人の桃太郎(経営者)になるべく経営の原理・原則から管理者・幹部としての「能力=脳力」開発に努め、役員・幹部がこれまでの経験の中で作り上げてきた「人間哲学」「人間学」を学ぶことで「次世代のリーダー」の人間的魅力を高め「徳」を積み、「100人の桃太郎(経営者)」としての資質を高めます。

スキルアップ研修

階層別、職群別、テーマ別など細分化された教育カリキュラムで、入社した新入社員から役員幹部に至るまで、幅広い教育体制で社員教育を実施しています。知識の修得だけでなく、企業文化(桃太郎文化)の訓練・実践の場としても学びの場を提供しています。

丸和ロジスティクス大学

基礎コース

入社2~3年目の若手社員を中心として物流現場に求められる基礎的な改善知識と実践ノウハウを持った『現場リーダー』を早期育成しています。

一般コース

次期センター長・所長候補の中堅社員を対象として現場改善知識を含めた物流の幅広い知識・ノウハウと共にマネジメント能力・管理能力も備えた『センター長・所長』を育成しています。

MBSコース

次期事業部長候補として選抜された管理職を中心に、経営者としての視点での将来ビジョン、経営方針・戦略・戦術の立案と、自社の強みを生かした独創的なビジネスモデル及び新規事業・経営改革の企画・立案が出来うる人財を育成しています。

社外研修

社外で実施される研修に積極的に参加し、経営・マネジメント及び小売業・物流業に関わる最先端の知識と技術を学ぶと共に、異業種交流を通じて人脈形成を推進しています。

公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会(以下、JILS)認定資格

  • ロジスティクス経営士:8名
  • 物流技術管理士:54名
  • 国際物流管理士:1名
  • グリーンロジスティクス管理士:2名
  • 物流現場改善士:27名

一般社団法人日本3PL協会

  • 日本3PL管理士講座:1名
    • 中小企業大学校

      • 経営管理研修・経営管理者育成コース 12ヶ月:79名
        • 多摩大学大学院

          • 社会人コース 24ヶ月:1名

2018年9月時点

MQMサークル活動

MQM(Momotaro Quality Management)サークル活動は、各職場で展開している小集団による改善・改革活動です。上位者(部門長等)主導ではなく、第一線の現場リーダーがサークルリーダーを務めることにより、現場のあらゆる問題・課題をとらえ、自主的に改善活動を行うことで、人財の育成と品質管理の向上を図っています。
この活動は1年間を1サイクルとして、部門経営計画と連携を図り、丸和グループ内で毎年その活動成果を発表する場を設けています。さらに、各エリアで行われた発表大会の優秀サークルは、5月に行われる「全国大会」で発表します。この発表大会は、各職場での改善・改革活動を全グループで共有する場であると共に、多くの人の前で発表を行うことによって、発表者のプレゼンテーション能力の向上・実践の場としての意味合いも持っています。

その他の研修

上記以外にも以下のような研修会を実施しております。

階層別研修

  • 役員・部門経営者研修会
  • 部門長研修会
  • 管理者研修会
  • 計数管理研修会
  • 桃太郎文化「桃の魂」道場
  • 育成担当者研修会
  • 新社員フォロー研修会

自己啓発支援制度

「国家・公的資格取得」「通信教育受講」「社外セミナー受講」「専門書購入」など、社員の能力向上の支援として、費用の全額または一部を会社が負担する制度を用意しています。


TOP