物流センター構築のご相談からサードパーティ・ロジスティクスまで、物流のことなら丸和運輸機関にお任せ下さい。

MARUWA GROUP

目的別サービス:本業に経営資源を集中させたい。

目的別サービス:本業に経営資源を集中させたい。

本業に経営資源を集中させたい

流通業の発展には物流の整備が不可欠であります。しかし、どのタイミングでどのくらいの規模の物流体制を構築すればよいのか非常に頭を悩める課題ではないでしょうか。
ましてや物流投資は経営に大きなインパクトを与えかねない巨額投資であり、ひとたび失敗をしてしまうとその後の影響は計り知れず、大きなリスクを抱えてしまいます。
そのような流通業のお客様の不安を解消し、本業である販売に集中できる仕組みを構築することが私たち3PL事業者の役割であると考えております。

丸和運輸機関の提案

物流改革に係る投資は一切不要です。

物流センターの設置、物流システム、物流機器等の購入には、通常数億円から数十億円の投資が必要となります。これらの投資が経営に与えるインパクトは予想以上に大きく、物流改革を断念された会社も多いのではないでしょうか。当社ではこれらの投資をすべて引き受けることで、お客様に資金負担を掛けずに物流改革を実現いたします。従いましてお客様は物流投資を一切考えずに、店舗への投資に専念することができます。

お客様の成長に合わせて最適な仕組みを提供します。

私たちはお客様との真のパートナー関係を構築し、将来ビジョンを共有いたします。そしてお客様の事業計画に則り、お客様が今後、力を入れていくエリアに先行的に物流センターを構築いたします。そして当社のネットワークを駆使してお客様の物流体制を構築いたします。そうすることでお客様は物流のことを気にせずに思い切った店舗展開をすることが可能となります。

物流管理に係る作業的負担・精神的負担を解消します。

3PL事業者によっては作業代行業者の域を脱することができず、お客様自身が物流の企画を行い、場合によっては作業のフォローまで行っているケースも珍しくありません。これでは3PLを活用するメリットが薄れてしまいます。当社は物流のフルアウトソーシングを基本としており、お客様の物流担当に成り代わって物流設計から実作業まで物流におけるすべてを担当いたします。従いましてお客様には物流に関する作業的負担、事務的負担、精神的負担を一切お掛けいたしません。

店舗における物流負荷を軽減し販売力UPを実現します。

店舗では入荷検品、品出し等の物流業務が発生いたします。これらは直接的な販売行為ではないため、なるべく作業工数を削減させ、それにより捻出された人的余力を販売に振り向けることで販売力の向上が見込まれます。

ポイント

  • 物流の企画から運営までのフルアウトソーシングにより商物分離を図る。
  • 物流施設・設備は自社での投資を行わず、3PL事業者を有効的に活用する。
  • 店舗における物流業務にフォーカスし、販売に時間を割ける体制を構築する。
  • 3PL事業とのパートナーシップを構築し将来ビジョン(事業計画)を共有する。

まとめ

小売業にとって事業拡大の早道は、コア事業である販売に特化して、そこに経営資源を集中させてゆくことが重要です。ところが多くの企業は物流のような事業の根幹となる業務をアウトソーシングすることに抵抗があり、自家物流に拘ってきた経緯があります。しかし、現在のような大競争時代において勝ち抜いてゆくためには、自社の強みを最大限に発揮するため、不得意な分野はそれを得意とする企業へアウトソーシングを行い、経営効率を高めてゆくことが重要であります。当社ではお客様の強みを最大限に発揮できるよう物流を通じて経営・利益支援を行ってまいります。

お問い合わせフォーム
株式会社 丸和運輸機関 〒342-0008 埼玉県吉川市旭7番地1 TEL: 048-991-1000(大代表) FAX.: 048-991-1001
')