物流センター構築のご相談からサードパーティ・ロジスティクスまで、
物流のことなら丸和運輸機関にお任せ下さい。

MARUWA GROUP

ご挨拶

皆様におかれましては、平素より丸和運輸機関グループをお引き立ていただき、誠にありがとうございます。

昨年のわが国の経済環境は、政府の経済対策の進捗、金融政策と財政政策の相乗効果も相まって、国内需要も増加し国内景気は緩やかな回復基調が続いております。雇用・所得環境の改善が続く中で、引き続き緩やかに回復していくことが期待されます。一方、世界に目を向けると地政学的リスクの高まり、経済の不確実性、国内においては深刻な人手不足など、先行きは依然として不透明な状況とも言えます。

このような状況のもと、弊社が推進しております低温食品物流事業につきましては、2018年3月期第2四半期の売上高は前年同四半期比約10%増となり、堅調に伸ばすことができました。今後も持続的な成長を実現するために、食品スーパーマーケットの3PL事業獲得を企図した物流改革提案と戦略的投資を一層推進していくとともに、「7PL(セブン・パフォーマンス・ロジスティクス/7つの経営支援機能を付加した3PL)」などの強みをさらに発揮し、生鮮食料品などを中心とした食品スーパーマーケットにおける低温食品物流の強化・拡大を図っていく方針です。

また、昨年6月より開始した大手EC通販企業向け「ECラストワンマイル当日お届けサービス」の事業拡大・安定化にも引き続き取り組んでまいります。その為に、専用センターの増設と当日お届けサービスマン「Quick Ace(クイックエース)」の『人財』確保の強化に努め、弊社の企業文化である「お客様第一義」を実践できる『人財』育成により、お客様に“感動と満足”を提供してまいります。

一方、人材、車輌不足に対応する強固なネットワークの構築を目指して設立した、「AZ-COM丸和・支援ネットワーク」【2020年会員企業数3,000社、1日稼働台数30,000台目標】による輸配送のパートナー企業との連携強化にも引き続き取り組んでまいります。今後もサービスメニューの拡充や会員拡大を図り、輸配送パートナー企業との安全・安心・安定した物流基盤を築いてまいります。

これからも役職員一同、お客様の経営を全面的にサポートできるロジスティクスのプロ集団を目指してまいります。

皆様におかれましては、これからも一層のご支援、お引き立てを賜りますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。
                             2018年1月
                     代表取締役社長 和佐見 勝

代表取締役社長
株式会社 丸和運輸機関 〒342-0008 埼玉県吉川市旭7番地1 TEL: 048-991-1000(大代表) FAX.: 048-991-1001


TOP