トップメッセージ

ごあいさつ

 皆様におかれましては、平素より丸和運輸機関グループをお引き立ていただき、誠にありがとうございます。

 このところのわが国経済環境は、企業収益や雇用環境の改善により緩やかな回復基調で推移いたしました。一方で、米中貿易摩擦の激化による輸出や生産の弱さが顕在化し始めており、今後の消費税率引き上げによる影響など、景気の先行きは不透明な状況となっております。物流業界におきましては、深刻化する少子高齢化に伴う労働人口の減少やそれに起因する稼働車両の不足など、依然として厳しい経営環境で推移しております。

 このような環境のもと、当社グループは、成長著しいEC市場において、独自のラストワンマイル配送網を構築し、引き続き事業の拡大と安定化及び、サービス品質の向上に取り組み、個人事業主「MQA(Momotaro・QuickAce)」を開業支援する仕組みを発展させてまいります。低温食品物流事業のサービスメニュー「AZ-COM7PL(セブン・パフォーマンシズ・ロジスティクス/7つの経営支援機能を付加した3PL)」においては、物流品質の均質化と機能拡張を図り、海外市場の開拓及び海外からの人材確保にも挑戦してまいります。また、当社の企業文化である「お客様第一義」を実践する『人財』育成により、お客様に“感動と満足”を提供してまいります。

 一方、人材・車輌不足を解決する為に設立した「AZ-COM丸和・支援ネットワーク」は昨年9月に会員企業数1,000社を達成し、目標である【2020年会員企業数3,000社、1日あたり稼働車輌台数30,000台】の実現にまた一歩近づくことが出来ました。今後も引き続きサービスメニューの拡充を図りながら会員拡大に取り組み、輸配送パートナー企業との安全・安心・安定した物流ネットワークを築いてまいります。

 AZ-COM丸和・支援ネットワークでは自治体や企業様と大規模災害時における地域貢献活動と事業に対する総合的な救援活動を行うことを目的とした協定の締結を進めており、当社及びAZ-COM丸和・支援ネットワークは、今後もBCP対策を物流面から支援する活動に取り組んでまいります。

 これからも役職員一同、お客様の経営を全面的にサポートするロジスティクスのプロ集団を目指してまいります。

 皆様におかれましては、これからも一層のご支援、お引き立てを賜りますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。


TOP